私たちの研究手法(Our Methods)

●私たちの研究室では、タンパク質科学・生化学的実験手法を駆使して研究を進めています。ヒト疾患や大腸菌といった生物的なキーワードを掲げているので、「生物」的な研究室とよく誤解されます。しかし、タンパク質の化学構造、反応速度解析、平衡論的解析(相互作用)などに関する研究を進めていることからも、タンパク質を題材にした「化学」的な研究室であるといえます。

●もっともよく使用する実験手法は、各種の電気泳動法(SDS-PAGE, Native-PAGE, Western blottingなど)によるタンパク質解析です。電気泳動法は非常に基本的な実験手法ですが、ヴァリエーションが非常に多く、工夫次第では新規の解析手法開発も可能です。

●分光学的手法についても頻繁に用います。タンパク質濃度の定量や、タンパク質の局所的な構造変化、二次構造レベルでのキャラクタリゼーションなど、分光学はタンパク質に関する非常に多くの情報を与えてくれます。厳密には「分光学」的手法ではありませんが、核磁気共鳴法やX線小角散乱などを使って、タンパク質の溶液構造を明らかにすることもできますし(核磁気共鳴は北大・石森先生、X線小角散乱は分子研・秋山先生との共同研究)、X線結晶構造解析によるタンパク質構造決定を行うこともできます(兵庫県立大・城先生、分子研・秋山先生との共同研究)。

●タンパク質の熱安定性解析(示差走査熱量分析)、タンパク質の二次構造解析(円二色性分散)などについても、多くのノウハウを持っています(装置使用は分子研・秋山先生との共同研究)。

●線虫を使用した実験についても可能です。線虫への外来遺伝子インジェクションや、基本的な行動解析に必要となる設備が揃えられています。精製タンパク質を用いて提案するメカニズムを、実際の生物で検証することができます。

●研究室で所有している実験・測定装置を以下に示しますが、これ以外にも大型の研究設備としてよく使用するのは、MALDI-TOF質量分析計や透過型電子顕微鏡などがあります。これらについては、慶應義塾大学理工学部の中央試験所にて利用が可能です。私たちの研究室では、タンパク質の構造・物性を知るために必要な実験・研究をほぼすべてカバーできます。

電気泳動関連装置(SDS-PAGE, Western blotting)

遠心分離器(Centrifugation)

PCR装置

高圧液体クロマトグラフィーシステム

分光装置

プレートリーダー

顕微鏡

培養装置

その他