Our work published!(論文発表)

Our study proposing a new mechanism on SOD1 misfolding into toxic conformers has been published in Free Radical Biology and Medicine (IF=5.657). In this study, we found that increased oxidative stress can oxidizes a certain Cys residue of SOD1 to sulfenic acid and that further dissociation of the bound metal ions from SOD1 triggers misfolding through the formation of abnormal disulfide bond. The misfolded SOD1 we found exhibited significant cytotoxicity; therefore, we suppose that the oxidative stress and metal dynamics will be important in the understanding of ALS pathomechanism. The paper can be downloaded here, and you can check the press release from Keio University and IMS (Sorry, only in Japanese).

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に見られるSOD1タンパク質について、異常な構造へと変化して毒性を発揮する新たなメカニズムを提唱し、Free Radical Biology and Medicine (IF=5.657)に掲載されました。ALSに見られる酸化ストレスの増大がSOD1タンパク質を酸化し、結合している銅・亜鉛イオンが解離することが引き金となってタンパク質構造が異常となることがわかりました。ALSを理解する上で、酸化ストレスの増大と生体内の金属イオン動態異常が重要であることを示唆しています。

詳しい説明は慶應義塾からのプレスリリース、分子科学研究所からのプレスリリース、および、論文をご覧ください。